「必見!こんなにまとまっているのは初めて」3つのシミ対策と4タイプの原因と改善策まとめ

投稿日:

3つの対策とはズバリ

 

紫外線ケア

スキンケア

ストレスや生活習慣の乱れを避ける

 

になります。きっとあなたも聞いたことがあるこの3つがシミ対策の王道になんですね。

それでは具体的にご紹介していきます!

 

[ 1 ] 紫外線ケアをしっかりする!

紫外線ケアはやはり一番重要です。

メイクをしないような日があっても、日焼け止めは必ず塗って、美白化粧品の力も借りて効果的な紫外線対策(UV)ケアをするようにしましょうね。

 

その他、サンバイザーや長袖、スプレー式の日焼け止め、手袋、日傘などのアイテムを積極的に活用して将来のシミ対策にも備えたいですね。

数々の便利アイテムがあるのもたくさんの人の関心の高さを物語っています。

 

日焼け止めの[UVA]と[UVB]

また、日焼け止めを選ぶ際に忘れてはいけないのが、UVAとUVBどちらもカットできる日焼け止めであるかということです。

詳しく言うと、紫外線にはA波とB波というものがあって、A波は肌の奥の部分を突き抜ける性質、B波は肌表面を日焼けさせる性質があります。

 

一般的な日焼け止めがこれらをどれだけカットできるどうかは、パッケージの「SPF~PA~」と書いてある部分を確認するとわかります。

SPFはB波を防げる時間のことで、PAはA波を防げるレベルの意味です。日本においてはPAは++++(4段階)が最大値となっています。

 

[ 2 ] スキンケア

保湿をしっかりすることで、シミができにくいお肌づくりをすることができます。

 

乾燥などによる肌トラブルでバリア機能が弱ってダメージを受けやすくなると問題がおきてしまいます。

ニキビなどができたりして、炎症のあとに色素の沈着を起こしてしまう可能性もあるんですよ。

 

気をつけることで対策できること

 

・洗顔の際にはぬるま湯を使い、優しく洗う。また、拭くときはこすらず押さえるようにする。

・洗顔後にはたっぷりと化粧水を使うこと

・化粧水の後には
美容液
乳液
クリーム
オイル
の順に塗っていく

・美白成分や保湿成分が多く配合されているものを選ぶようにする

 

洗顔するときは、温度が高い方がちゃんと落ちるような気がするのですが、熱いお湯には要注意です。

 

必要な皮脂まで落としてしまって余計な肌トラブルにつながります。
おおよそ38度程度のぬるま湯を使用するようにしましょう。

 

洗顔の後は化粧水をたっぷりと、そして、しっかりと浸透させるようにすることが大切です。

 

化粧品を選ぶ際にはビタミンC誘導体に代表される美白成分や、コラーゲン、エラスチンなどの保湿成分が配合されているものを選ぶことが大切です。

 

ストレスや生活習慣の乱れを避ける[活性酸素について]

活性酸素という名前を聞いたことはありますか?

 

活性酸素は紫外線やストレスなどの刺激によって発生してしまう物質で、メラニンの元になる色素の発生を促す作用があります。

 

普段の生活の中でお肌のゴールデンタイムと言われる夜10時から深夜2時の間に眠ることを心がけて、ストレスや生活習慣の乱れを避けるように心がけることができれば好循環にのれますね。

 

また栄養のバランスに気をくばる余裕もほしいものです。

 

シミってどうして出来るの?その原因と解決策に迫る!

お化粧を落として鏡をみると、気になるシミが。

 

そのうちなんとかしたいとは思っていたけれどとうとう無視できないぐらいになって来てしまった。

そんなわけで、シミについて調べてみました。
大きく分けると4つの種類があって、対策を間違えてしまうと悪化してしまうこともあるとのこと。

 

(4タイプ別)シミの原因と改善策まとめ

日光黒子(にっこうこくし)

シミといえばこれ。一般的なタイプになります。別名は「老人性色素斑」ともよばれます。

特徴は薄い褐色~濃い褐色のものが顔、手、背中、前腕など露出の多いところに出やすいことが挙げられます。20代ぐらいの方には比較的見られないシミです。

原因
日光黒子の原因はほぼ紫外線と言われています。

・紫外線を多く浴びていた
・UVケアにはあまり積極的ではない
・露出度の高い服を着ることが多い

これらが原因のことが多いです。

対策
とにかく紫外線を避けるようにしましょう!紫外線は、日光黒子だけでなく、あらゆるシミに影響がありますのでUVケアは忘れずに。

野外でのイベントに誘われた時には万全の対策をほどこしたいですね。

下記のような対策をとってください。

 

・UVケアグッズを最大限活用する
・日焼け止めをこまめに塗りなおす(理想は1時間ごと)
・美白化粧品を吟味する
・ハイドロキノン、レチノイン酸を配合しているスキンケアを試してみる
・完全に治すのならば、レーザー治療など美容クリニックの利用も考える

 

雀卵斑(じゃくらんはん)

一般的に「そばかす」と呼ばれるのがこの雀卵斑。遺伝が原因であると言われています。思春期から目立つようになり、頬、鼻の周りなどに多く見られます。

主に遺伝が原因といわれています。思春期のころから目立つようになり頬、鼻の周りに見られることが多いですが、セルフケアでの対処はできないとされています。

原因
雀卵斑は遺伝によって出来ることの多いシミとされています。また紫外線によって濃くなることがあるようです。

ご親族に雀卵斑(そばかす)のある方がいらっしゃっる場合、そばかすが出やすい体質の可能性がありますが、大人になって出ていなければ、さほど深刻なものではないと言えます。

改善策
雀卵斑は紫外線により濃くなる可能性があるので、念入りなUVケアが大切です。

・UVケアをしっかり行うこと
・レーザー治療などの美容クリニックを検討する

 

炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)

ニキビ跡、傷跡、やけど、化粧品かぶれなどで炎症を起こした肌に残るシミです。

このタイプは時間が経つことによって薄くなっていくことが多いのが特徴です。

原因
虫刺され、湿疹、ニキビ跡、化粧品かぶれや傷跡などの炎症が肌に残ってしまうことが原因です。

万が一炎症が起こってしまった場合には早期の対処が重要になります。

改善策
炎症後色素沈着は肌にダメージがついていることにより出来てしまうシミのタイプです。このタイプのシミは、炎症の段階での対処が大切です。

・炎症がおきた部分に刺激を与えないように気をつける
・肌の修復の助けになるように、保湿をしっかりする
・ビタミンC、ビタミンEを多く摂るようにして、お肌のターンオーバーを促す

このシミには「炎症を予防」することが大切となります。そもそもニキビや湿疹などが出来にくくなるような食生活を心がけて、お肌への刺激にも気を付けましょう。

 

肝斑(かんぱん)

女性ホルモンの変化が著しい妊娠期などに出て来やすいとされているのが特徴です。

また、紫外線で悪化することが多く、お顔に左右対称に出やすいようです。

レーザー治療を施した場合に悪化させるケースもあるので注意が必要とされています。

原因
女性ホルモンが原因といわれ、閉経すると消えることが多いとされていますが、まだ結論にはいたっていないそうです。

しかしながら、妊娠時やホルモン剤の投与後には出て来やすい傾向にあります。

改善策
紫外線や摩擦などの刺激によって悪化することが多いので、それらを避けて美白化粧品などを試して見るのがおすすめです。

・UV対策は万全にする
・肌への摩擦や、刺激を極力避けるようにする
・美白化粧品を吟味する
・ビタミン、リコピンなどの栄養素による体内の力を整える

ビタミンC、Eや抗酸化作用のあるリコピンなどの効果が期待できます。

身近なものではトマトやベリー類が該当します。

クリニックを訪れる際は、内服薬や外用薬の使用が中心になるようです。

一般的にはレーザーによって悪化してしまう可能性が高いとされていますが、最近は肝斑治療が出来るレーザー治療もあるようです。

 

以上シミを改善するための対策を見て来ましたがいかがでしたか?

体質や生活習慣などよってもできることはかわってきますね。

共通していることは、お肌へのダメージをできるだけさけること。また、紫外線やストレスが原因となるシミを避けるために、お肌を優しくいたわって今夜も丁寧なケアをしてあげてくださいね♪

-ホワイトラグジュアリープレミアム

Copyright© 【復縁】ホワイトラグジュアリープレミアムピンク乳首口コミ , 2018 All Rights Reserved.